タグ:アジア ( 19 ) タグの人気記事

そして一年が過ぎ・・


d0146888_19443831.jpg

ジリジリと暑い夏がやってきました。

ブログから遠ざかっている間に、季節がひと巡りしていました。
暑い夏、きらいじゃないって昨年のブログに書いてある・・

そう 笑

今年もやっぱり、そう思う。

1年の間、あっという間ではあったけれど
いろんなことがありました。

ようやくこの場所に戻ってきた自分への備忘録として、記憶に残っていることを
いくつか・・・。

d0146888_19385675.png

昨年の「行きたかったアノ場所へ・・」と書いて消息を絶ってた場所は、
「ワールドブレックファーストオールデイ」

私が伺った日の朝食は「南インド」でした。また行きたいと思うこじんまりした素敵なお店。
お店中央の大テーブルで、みんなで朝ご飯を囲むの!

そして昨年の夏は、女子3人でマレーシア ランカウイへの里帰り旅行にも。
d0146888_19454051.jpg
息子君からは「前にも行ったで、ボクはいいわ~」と断られたので(苦笑)
仕事の後輩ちゃんと一緒に女子旅。
大人旅だからと、選んだホテルは「アンダマン」

私が暮らしていたころからある老舗ホテルだけど、落ち着いていて自然に満ち溢れていて、
いろんな動物に遭遇できたりリゾート気分を味わうにはピッタリのホテル。
d0146888_20014049.jpg

恋しくてたまらなかった「肉骨茶バクテー」も堪能し、

d0146888_20004638.jpg

暮らしていた当時、大家さんから借りていたお家の今の様子もこっそり見に行き、一瞬だけ感慨深くなってみたり。
増築されてピカピカの照明がつけられてはいたけど、まだお家があったことがうれしかった。

d0146888_20080068.jpg

そして、12月にはHawaiiへも。

よく知らないはずの6歳児と実家父が「ハワイにいきたいー」との熱烈なリクエストにこたえて。
実は、初ハワイ・・

へそまがりだから、みんながいいよ~と言うからと敬遠していたのに。
やっぱり、いいところだった 笑

初ハワイで実家両親と6歳児連れの旅だったので、行動範囲が狭かったけれど
おおらかな空気と景色と人の優しさは頑固な私も ゆるめる ということをすこしだけ
体感できた12月。
d0146888_07031399.jpg
そして。
息子君も7歳の誕生日を迎えると同時に小学校入学!
親子ともども新しい世界が始まりました。

無事、欠席することなく毎日登校できただけでも、がんばった!と思うのだけど
朝行く前に、ギュー! 寝る前にギュー!
甘えん坊な様子は相変わらず・・。

今は待ちに待った夏休みを絶賛満喫中!
今年の夏は、今年しか味わえない。

そう思って、ハハもがっつり向き合おうと思っています。

・・・久しぶりすぎるブログ、しばらくまた再開していこう。









[PR]
by caeru25 | 2015-07-26 06:57 | 生活 | Comments(2)

休日のすごしかた

d0146888_155122.jpg

久しぶりの日曜休み。

仕事柄、週末におやすみがなかなかなくて。
でも「花蓮ほわれん」の営業は金・土・日のみ!

通勤で近くを通るのに、お店にはなかなかいけなかったから
よ~し!とばかりに行ってきました。

d0146888_1554770.jpg

息子君は「パパと明智鉄道に乗るってきめとったんやて~」だそうで・・笑
めずらしく家族3人そろった休日だったから、賑やかになるかと思いきや
あらま・・の静かな1人の日曜。ウシシ・・♪
弱雨の降る土岐川を静かに眺める心の余裕までできちゃった。

d0146888_1941440.jpg

夏野菜カレーはココナッツミルクがかかっていて、スパイスの香りが
広がる好みな味。

d0146888_19433446.jpg

そして・・
楽しみだった「水出し玉露茶」と豆腐ケーキ。

初夏にぴったりな水出しの日本茶。今年は家でもやりたいな・・。

お隣の服やアクセもゆっくり見れて、幸せな休日。
[PR]
by caeru25 | 2014-06-25 19:49 | 生活 | Comments(0)

シンガポール2013 家族編 フードコート編

d0146888_19463562.jpg

雷雨も止んで、また猛暑到来。

なんだか、極端じゃないですかねお天気。
実家の庭は、夏色に染まっています。

シンガポールの食、今度はホーカーフード編。
こっちの方が、断然好き♪

国内のいたるところにある路上屋台。これを、ホーカーズセンターと呼んでいます。
そして、同じ感じなんだけどショッピングセンター内のエアコンがしっかり効いているところ、
こちらを フードコートと呼ぶらしい。

私的に、一番のオススメは なんといっても「チキンライス」。
d0146888_19521643.jpg

先日の記事でも登場したこちらは、
新記 Sin Kee Famous Chicken Rice &Fish Porrige
Blok159 Mei Chin Road Mei Chin Market & Cooked Food Center #02
定休日 月曜

海南鶏飯ハイナンチキンライスとよばれる 茹でた鶏肉をゆで汁で炊いたご飯と
一緒に食べる シンガポールではとってもポピュラーな食べ物。

このチキンライスと肉骨茶(バクテー)は、日本のラーメンみたいな
ものだと思う。
「チキンライスの美味しいところって・・?」と聞いてしまったら、もうノンストップで
どこが美味しいかの談義が始まるというか 笑

旅の道中、バクテーが食べたくて、ちょうど乗ったタクシーのおじちゃんに
「行き先とは違うけど、この辺りでバクテーの美味しいお店って・・」と
尋ねたら、
「オレの美味しい店、今日やってるか見てみる?寄ってやるよ。」と
行き先を突然変え、お店の前まで連れていってくれました。

で、その店が定休日とわかると、「ここがダメならあっちだな」と結局3軒
つきあってくれました。
乗ったときは、無口なコワモテなおじちゃんだったけれど、
バクテー話は、熱い熱い!! 笑

そして、バクテー知識とバクテーショップは月曜定休なんだ、ということを学ばせて
もらいました 苦笑

チキンライス、チキンの茹で方も、ソースもどの店も違って、シンプルだけど奥が深い!
d0146888_20162496.jpg

一度では飽き足らず、別の日の朝食にも食べました。
こちらは Maxwell Food Centerマックスウェル・フードセンターにて。

何回食べても飽きない味です・・。

そして 福建麺(ホッケン・ミー)。
d0146888_20133432.jpg

福建麺もいろいろな種類があるけど、こちらは海鮮の汁だくタイプ。

なんとなく、汁無しなのか、スープなのかどっちなのよ?と言いたくなる
中途半端な感じかもしれないけれど、これが美味しいの!
d0146888_20135526.jpg

これはセントーサ島へいくために寄った VIVOcityの3Fにあるフードコートの
福建炒蝦麺専門店「泰豊 タイフォン」。
(国内に何軒か有)

食べるときに、好みでライムみたいなコブミカンと、チリソース(サンバル)を
かけるのだけど、日本ではこれに似た麺ってなかなか思いつかない味覚です。
オススメ。

それから、女子にオススメなのは
d0146888_218224.jpg

豆花水(ソイビーン)と豆花(トウファ)。
豆乳なんだけど、日本のより甘いです。ここのお屋台は「熱い」「ぬるい」「冷たい」の3種類から
選べました。で、ぬるいにしたら、熱かったけど 苦笑。
そして豆花。豆腐に甘いシロップをかけた温かいデザート。
どちらも朝食に食べたけど、なんだかホッとする味なんです。
暮らしていた頃は、豆花水を毎朝テイクアクとして会社に持参してました。

暑い日中には
d0146888_21275197.jpg

ふわふわカキ氷!!

「味香園」
67 Temple Street
Singapore 058611
チャイナタウンにある人気店。訪れた日も、広い店内、満員でした。
d0146888_2128196.jpg

台湾で人気のあのスノーアイスです。
あれをもう1回食べたいな~と思っていたから、猛暑の中クラクラしながらも
お店探しました 苦笑。

マンゴはもちろん、抹茶も甘すぎないから大きいけど、ペロリと完食。

書きながら、すでにどれもまた食べたい・・。

でも、シンガポールの食べ物美味しいよ~!と大きな声で言ってますけど
失敗だった店もいくつか・・。

私的には、マリーナスクエアのフードコート「ギャラリー」は景色は
とってもよいのだけど、ラクサもフィッシュビーフンも、「・・・・・・・・・・・・」な感じでした。
1食に魂込めてただけに、残念。そのくせに、近いからと2回も行ってしまったのだけど。

でも、圧倒的に美味しい!記憶の方が多いのだけど。
ここのコレ!とオススメあったら、教えてください。
[PR]
by caeru25 | 2013-08-07 21:40 | 旅・・海外 | Comments(2)

シンガポール2013 家族旅 レストラン編

d0146888_1951565.jpg

夏だね~!!って感じの週末。

お隣の義父母のお家にはふうせんかずらの日よけが。
どんどんつるを伸ばして、屋根まで届いてます。
小さな、紙風船みたいな果実がかわいい。

シンガポールの旅日記。
まだ続いてます・・

シンガポールは食べ物が美味しいのよぉ~!!
といつも言っているのですが、さて何を食べたか。

まずはレストラン編。

この前も、IGで「何食べたらいいですか~?」と聞かれたのですが
シンガポールらしいもの・・といえば
チリクラブなんじゃないかと。

d0146888_19114897.jpg

写真だと、ちーっとも美味しそうにみえないけど(汗)
スリランカ蟹に、ドバーッとチリベースの甘辛ソースがかかっていて
美味しい!!
もうね、わき目もふらずにひたすら蟹と格闘しながら無言で食べたい味。

チリベースだし、子供はムリかな・・と思っていたら、
なんと5歳児が一番かぶりついてました^^;

d0146888_19173632.jpg

たっぷりかかったソースは、揚げパンにつけて、またひたすら食べる。
食欲をそそる味です。

チリクラブ、シンガポール内には有名店が何店もあるけど
私は 現地のお友達のオススメ「ジャンボ・シーフード」へ。
それも、雰囲気あるよね!ということでビーチ沿いのイーストコースト店まで
足を運びました。

d0146888_19191727.jpg

East Coast Seafood Centre
Blk 1206 East Coast Parkway #01-07/08, East Coast Seafood Centre

週末だったこともあって、18時過ぎには満席!行列!
予約必須だと思います。

そして、もう1軒。「PS. cafe」
d0146888_19281086.jpg

雑誌でも現地在住の方のブログにも度々登場するこのカフェ、
緑豊かなこのロケーションをみて、どうしても行きたい!とずっと
思っていた場所。

ようやく念願叶って、週末の朝食を食べに。
d0146888_19305070.jpg

オーチャードから10分ほどのデンプシーヒルというエリア。
広大な緑の中に建っていて、窓も広いからすご~く気持ちいい!

d0146888_1931180.jpg

店内のセンスもとても好き。
d0146888_19311320.jpg
d0146888_19312439.jpg

料理はポーションしっかりしていて、朝からかなりガッツリ系!
ドリンクも食べ物もしっかり美味しい。
お値段は日本と変わらず、という感じかな。

d0146888_19421779.jpg

現地在住の欧米人家族がゆったりブランチに。
な姿が絵になるカフェ。


PS.CAFE at HARDING
28B Harding Road
TEL: 6479-3343(+65)

ここも広大な緑の庭があるのだけど。
アジアだし蚊がいそう!と思うでしょ。でも、シンガポール滞在中一度も蚊に
さされてないのです。

「なんで??」と現地在住の友達に聞いたら、
ここでは、政府がペストコントロールという害虫駆除をしているのだそう。
さすが。

でも、どうやらこの薬が息子君のアレルギーに反応したらしく、緑あふれる場所に
いくたび、くしゃみの連続。これだけは、困りました・・
[PR]
by caeru25 | 2013-08-04 19:50 | 旅・・海外 | Comments(0)

シンガポール2013 家族旅 ラッフルズホテル編

d0146888_15524840.jpg

今朝最後の一枚upしよ~♪と思ったところで、ブログの内容が全ておちました・・・
エキサイトさん、頑張っておくれ(涙)いや、PCが悪いのか・・。

気を取り直して、ラッフルズホテル。
実は宿泊していたホテルのお隣さん。

女心をこんなにもくすぐるなんて、素晴らしい!
と勝手に思っているけれど、アジアのコロニアル様式のクラシックホテルが
大好き。

d0146888_160721.jpg

重厚な白亜の建物に、南国の緑が映えるこの風景。
ヨーロッパの建築物とはまた違った、趣があると思う。

シンガポールの中でも、かなり人気の観光地という気もするけれど、
宿泊者以外は立ち入り禁止の部分もあるので←(この選ばれた人のみに
開かれてる世界観も好き。フフ・・。)
ショッピングアーケードなどを、ちょこっとお散歩させてもらいました。

d0146888_1622691.jpg

ラッフルズホテルオリジナルのお土産店もあって、かなりなアイテムが揃ってます。
d0146888_1623996.jpg

d0146888_1625422.jpg

あ、座敷わらし 笑

小さな子供連れで、「コラ~!!」と叫ぶ声はこの場には相応しくない
と思うので、いつか大人旅で宿泊してみたいなあ。
そう、いつか。
[PR]
by caeru25 | 2013-07-20 16:07 | 旅・・海外 | Comments(2)

シンガポール2013 家族旅 マーライオン&レーザービーム編

ホテルに夕方到着して、早速行動開始。

d0146888_11265712.jpg

マリーナ・ベイ・サンズの光と水のショー「ワンダーフル」を見るため、
エスプラネード橋をトコトコと歩いて、マーライオンパークへ。

6時間くらいのフライトで、昼寝もバッチリの5歳児もこれくらいの距離なら
楽々歩けます。

d0146888_11313631.jpg

マーライオンパーク。
本家のマーライオンの背後には、なぜかミニマーライオンも。

なんで、背をむけるんだろ・・。

そして2004年にお引越しをした、マーライオン!
d0146888_11345457.jpg

高層ビルを背後に、なかなか勇ましい姿になってた 笑

d0146888_11355412.jpg

5歳児いわく「夜もずっと水だしてて、休めないねえ・・」。
確かに。苦笑 働き者だよ、君。

そうそう、マーライオンの後ろのノッポな高層ビルが宿泊した
Swissotel The Stamfordホテルです。


d0146888_19143389.jpg

続々と人が集まってきて、20時からのショースタート。(1日2回、21:30もあるみたい)
マリーナ・ベイ・サンズからレーザービームが!! 笑
ホテルが光りを放つって、なかなかないよね・・。

前にあるアートサイエンスミュージアムや橋とか周辺も巻き込んでの15分の
光りのショー。

海風に吹かれながら、亜熱帯の夜にゆるーい感じに繰り広げられる
「ワンダーフル」。毎晩行われてるのに、無料なのがすごいよなあ。

日本の花火大会みたいに何度も見たい!という感じではないかもしれないけれど
1度は、ぜひ体験してもよいかも。

d0146888_19203422.jpg

帰りはアンダーソン橋を通って、エスプラネード橋を眺めながら
またトコトコホテルまで。

到着した初日から、かなりシンガポール満喫!
[PR]
by caeru25 | 2013-07-16 19:24 | 旅・・海外 | Comments(2)

デイジー アナザーバージョン

d0146888_14315930.jpg

一面に咲いた しろつめくさ。かわいかったなあ・・。

ここの所、毎晩息子とお布団入ったらグッスリ朝までコースだったから、
久しぶりの映画タイム。

そして観たのはこれまた久しぶりの韓国映画。

「デイジーアナザーバション」

2006年に公開された「デイジー」は映画館まで見にいくほど韓国映画が好きだったころの作品。
ヒロインの視点から描かれていたデイジーを、別の登場人物の視点から描く別バージョンがこちら。

監督は 香港のアンドリュー・ラウ。
そしてロケ地はオランダ アムステルダム。

だからか、いつもの韓国映画のラブストーリーとはまた違うタッチの作品。

ラブストーリー、さて共感できるのか?というここが毎回ビミョーに不安なんだけど(苦笑)
大丈夫だった。ちゃんと、入り込めました&泣きました 笑

だってさ、このバージョン、私の韓国映画俳優の中でイチ押しのチョン・ウソンが暗殺者
なのだけど、彼の視点で描かれるからバシバシ登場しているのだもの。

↑「私の頭の中の消しゴム」の彼ね。

ヒロインは「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン。
あの元気な役柄とは全然違う、切なげな役どころでなかなかよかった。

「イルマーレ」という日本ではあんまり話題にならなかったこの映画の時も
すごくよかった。作品自体もね。


絵描きの彼女が運命の彼だと勘違いして恋におちちゃう男性をイ・ソンジェが演じてます。
「美術館の隣の動物園」や「エンジェルスノー」の彼なのだけど、彼もよかった・・。

というわけで、ストーリーはすれ違いばかりで切ないうえに、ラストも悲しいのだけど
キャストが好きな人ばかりだし、アムステルダムの風景は美しいし、
いい作品でした♪

彼女の勘違いに、こっちは「もう、いい加減気がつこうよ・・」とつっこみたくなるけど・・。


本家の「デイジー」より話しが自然でコチラの方が好きだなあ。

そして、アンドリューラウらしい 裏社会は厳しいのだ というクールさも
あって甘くなりすぎず。

最近の韓国映画全然観てないけど、どれがいいんだろうなあ。
ラブコメじゃないのが、みたいなあ・・。
[PR]
by caeru25 | 2013-04-17 15:01 | カルチャー | Comments(2)

レイン・オブ・アサシン

今年の夏、映画「The Lady アウンサンスーチー」を見て、
ミシェル・ヨーの美しさに惚れて、TUTAYAのネット宅配に予約したのであろう
「レイン・オブ・アサシン」が手元に届いた。

いつも予約してから、届くまでのライムラグがあるから
(順位の中の在庫のあるものから発送されるシステムなので)
昨日、久しぶりに寝落ちしないで映画タイムができたとき、
正直、「そうか・・・・アジア映画かあ・・・」と思いつつ、鑑賞。
↑自分で予約いれたくせに

d0146888_19381943.jpg

「レッドクリフ」のジョン・ウー監督が、香港のミシェル・ヨー、韓国のチョン・ウソンら
アジアのスターを迎えて描く歴史アクション大作。


久しぶりの武侠アクションもの。

流れるように飛び、舞う 激しいアクションに、最初は
私、もうこういうのついていけないかも・・・・

な~んて思っていたら、いやいや、ミシェル・ヨーは美しく、久しぶりに
みたチョン・ウソンはさらに男前になっていて 笑
もう夢中。グフフ・・

暗殺組織のボスの野望に、「あんた、そんなことのために人殺してきたの・・」
とつっこみたくなるし、
整形というキーワードで、ちょっとご都合主義なところもあるんだけれど、
アジア映画、いいじゃん!!!
という完成度でした。

ワダエミさんの衣装も美しかったし。

久しぶりにアジア映画熱、復活な感じ。
[PR]
by caeru25 | 2012-10-03 19:44 | カルチャー | Comments(0)

The Lady アウンサンスーチー

お盆にダンナさんが帰省していたので、子供当番交代!
と、久しぶりに映画館へ映画を見に。

映画館で映画なんて、とーっても久しぶり。
ブログを見返してみたら、どうやら3年ぶり!?らしい。

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」
d0146888_9221164.jpg

。ノーベル平和賞受賞者、アウンサンスーチーの激動の半生を、
夫との深い愛を中心に描いた作品。

実在する女性 アウンサンスーチー×主演 ミシェル・ヨー×監督 リュック・ベッソン
と知ったら、DVDになるのが待てなくて、どうしても映画館で見たい!!と思えて。

新聞やニュースでなんとなく見聞きしていた ビルマ(現ミャンマー)の
アウンサンスーチー、民主化を願う市民の状況がこれほどに過酷なものだったとは・・。

実話だと思ってみているから、涙があふれて、あふれて。

そして、その過酷な道のりの中でも ミシェル・ヨー演じるアウンサンスーチーが
美しかった。

アウンサンスーチーを演じるために、細い彼女にあわせて体重を落とし、
英語もビルマ語の話し方も、しぐさも徹底的にマスターして映画に望んだ
姿が、はっきりと表れていた。

ミシェル・ヨーは、ずっと前に007のボンドガールの彼女をマレーシアに暮らしていた頃みて
「彼女はマレーシア出身で、今は世界的女優なんだ」
と、現地の友達が誇らしげに語ってくれた頃から、ずっと好きな
女優さん。

「グリーン・デスティニー」も「SAYURI」も美しかったけれど、
今回が断然、よかったなあ。

軍事政権下では、選挙で大勝してもその結果を無効とされ、民主化運動に
関わったものは投獄される。
そんな姿をみて、改めて民主主義とは、政治とは・・と
考えさせられたし、今後のアウンサンスーチーの動向に
注目しようと思った 夏でした。

この作品、本当に良かったです。ぜひ、興味のある方みてね。
[PR]
by caeru25 | 2012-08-19 09:56 | カルチャー | Comments(0)

念願の「カオソーイ」を花蓮で

1年に1回だけ花蓮で「カオソーイ」の日があると聞いたのは
昨年の夏。

今月最初の頃、「朝市」へ伺って、カオソーイが開催されることを知って、即予約。

カオソーイ、カオソーイとしつこく語ってますが、これはタイ北部の
チェンマイの麺料理。

油で揚げた麺をココナッツカレー風味のスープで食べるもの。
チェンマイを訪れたとき、レンタルバイクでピン川をずーっと北上して、
わざわざこのカオソーイを食べにいったことがあります。

「Khao Sooi Lam Duan」

老舗の店で地元の人たちで大賑わいの素朴なお店。
カオソーイも当時20B と記録してあるから 約50円くらい。

そして、それがもう とっても美味しかった!!

アノ味を食べにまた行きたいくらい。


・・・と、カオソーイを熱く語ったところで(笑)
花蓮のカオソーイ。

d0146888_108294.jpg

久しぶりにカオソーイに再会できただけで、私は嬉しい♪
カレースープもココナッツが効いてマイルドだから、息子君も
モクモクと食べられました。
ちゃんと、高菜とレモンも添えられて。

d0146888_10104619.jpg

お芋と小豆の冷たいデザートと、ジャスミンティーも。

d0146888_10131799.jpg

1階のこの風景がとてもステキでした。

d0146888_1014784.jpg

こんなディスプレイや
d0146888_10144743.jpg

こんな場所も。

さりげないセンスが随所にあって、好きな場所。
[PR]
by caeru25 | 2012-07-25 10:16 | Food | Comments(4)


器が好き。美味しいものが好き。8歳の息子との会話が大好き。フリーランスウエディングプランナー。


by caeru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
生活
wedding
Food
息子くん
home
カルチャー
shopping
おでかけ
旅・・国内
旅・・海外
Lesson
ボランティア
好きなこと・もの
おもうこと
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2014年 08月
more...

タグ

メモ帳

フォロー中のブログ

一日一膳
ちいさな鞄
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒビノデキゴト-トルコ編-
OURHOME
おうちのじかん
London Scene
su・te・ki world
emの時間 with m...
IEbiyori
いつものいっぽ。
atelier CARAFE
今日のストアー

最新のコメント

naoさん、ご返信おそく..
by caeru25 at 19:36
2年以上前のブログへのコ..
by nao at 16:33
> moco_comoc..
by caeru25 at 23:37

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
日々の出来事

画像一覧