カテゴリ:旅・・海外( 16 )

シンガポール2013 家族編 フードコート編

d0146888_19463562.jpg

雷雨も止んで、また猛暑到来。

なんだか、極端じゃないですかねお天気。
実家の庭は、夏色に染まっています。

シンガポールの食、今度はホーカーフード編。
こっちの方が、断然好き♪

国内のいたるところにある路上屋台。これを、ホーカーズセンターと呼んでいます。
そして、同じ感じなんだけどショッピングセンター内のエアコンがしっかり効いているところ、
こちらを フードコートと呼ぶらしい。

私的に、一番のオススメは なんといっても「チキンライス」。
d0146888_19521643.jpg

先日の記事でも登場したこちらは、
新記 Sin Kee Famous Chicken Rice &Fish Porrige
Blok159 Mei Chin Road Mei Chin Market & Cooked Food Center #02
定休日 月曜

海南鶏飯ハイナンチキンライスとよばれる 茹でた鶏肉をゆで汁で炊いたご飯と
一緒に食べる シンガポールではとってもポピュラーな食べ物。

このチキンライスと肉骨茶(バクテー)は、日本のラーメンみたいな
ものだと思う。
「チキンライスの美味しいところって・・?」と聞いてしまったら、もうノンストップで
どこが美味しいかの談義が始まるというか 笑

旅の道中、バクテーが食べたくて、ちょうど乗ったタクシーのおじちゃんに
「行き先とは違うけど、この辺りでバクテーの美味しいお店って・・」と
尋ねたら、
「オレの美味しい店、今日やってるか見てみる?寄ってやるよ。」と
行き先を突然変え、お店の前まで連れていってくれました。

で、その店が定休日とわかると、「ここがダメならあっちだな」と結局3軒
つきあってくれました。
乗ったときは、無口なコワモテなおじちゃんだったけれど、
バクテー話は、熱い熱い!! 笑

そして、バクテー知識とバクテーショップは月曜定休なんだ、ということを学ばせて
もらいました 苦笑

チキンライス、チキンの茹で方も、ソースもどの店も違って、シンプルだけど奥が深い!
d0146888_20162496.jpg

一度では飽き足らず、別の日の朝食にも食べました。
こちらは Maxwell Food Centerマックスウェル・フードセンターにて。

何回食べても飽きない味です・・。

そして 福建麺(ホッケン・ミー)。
d0146888_20133432.jpg

福建麺もいろいろな種類があるけど、こちらは海鮮の汁だくタイプ。

なんとなく、汁無しなのか、スープなのかどっちなのよ?と言いたくなる
中途半端な感じかもしれないけれど、これが美味しいの!
d0146888_20135526.jpg

これはセントーサ島へいくために寄った VIVOcityの3Fにあるフードコートの
福建炒蝦麺専門店「泰豊 タイフォン」。
(国内に何軒か有)

食べるときに、好みでライムみたいなコブミカンと、チリソース(サンバル)を
かけるのだけど、日本ではこれに似た麺ってなかなか思いつかない味覚です。
オススメ。

それから、女子にオススメなのは
d0146888_218224.jpg

豆花水(ソイビーン)と豆花(トウファ)。
豆乳なんだけど、日本のより甘いです。ここのお屋台は「熱い」「ぬるい」「冷たい」の3種類から
選べました。で、ぬるいにしたら、熱かったけど 苦笑。
そして豆花。豆腐に甘いシロップをかけた温かいデザート。
どちらも朝食に食べたけど、なんだかホッとする味なんです。
暮らしていた頃は、豆花水を毎朝テイクアクとして会社に持参してました。

暑い日中には
d0146888_21275197.jpg

ふわふわカキ氷!!

「味香園」
67 Temple Street
Singapore 058611
チャイナタウンにある人気店。訪れた日も、広い店内、満員でした。
d0146888_2128196.jpg

台湾で人気のあのスノーアイスです。
あれをもう1回食べたいな~と思っていたから、猛暑の中クラクラしながらも
お店探しました 苦笑。

マンゴはもちろん、抹茶も甘すぎないから大きいけど、ペロリと完食。

書きながら、すでにどれもまた食べたい・・。

でも、シンガポールの食べ物美味しいよ~!と大きな声で言ってますけど
失敗だった店もいくつか・・。

私的には、マリーナスクエアのフードコート「ギャラリー」は景色は
とってもよいのだけど、ラクサもフィッシュビーフンも、「・・・・・・・・・・・・」な感じでした。
1食に魂込めてただけに、残念。そのくせに、近いからと2回も行ってしまったのだけど。

でも、圧倒的に美味しい!記憶の方が多いのだけど。
ここのコレ!とオススメあったら、教えてください。
[PR]
by caeru25 | 2013-08-07 21:40 | 旅・・海外 | Comments(2)

シンガポール2013 家族旅 レストラン編

d0146888_1951565.jpg

夏だね~!!って感じの週末。

お隣の義父母のお家にはふうせんかずらの日よけが。
どんどんつるを伸ばして、屋根まで届いてます。
小さな、紙風船みたいな果実がかわいい。

シンガポールの旅日記。
まだ続いてます・・

シンガポールは食べ物が美味しいのよぉ~!!
といつも言っているのですが、さて何を食べたか。

まずはレストラン編。

この前も、IGで「何食べたらいいですか~?」と聞かれたのですが
シンガポールらしいもの・・といえば
チリクラブなんじゃないかと。

d0146888_19114897.jpg

写真だと、ちーっとも美味しそうにみえないけど(汗)
スリランカ蟹に、ドバーッとチリベースの甘辛ソースがかかっていて
美味しい!!
もうね、わき目もふらずにひたすら蟹と格闘しながら無言で食べたい味。

チリベースだし、子供はムリかな・・と思っていたら、
なんと5歳児が一番かぶりついてました^^;

d0146888_19173632.jpg

たっぷりかかったソースは、揚げパンにつけて、またひたすら食べる。
食欲をそそる味です。

チリクラブ、シンガポール内には有名店が何店もあるけど
私は 現地のお友達のオススメ「ジャンボ・シーフード」へ。
それも、雰囲気あるよね!ということでビーチ沿いのイーストコースト店まで
足を運びました。

d0146888_19191727.jpg

East Coast Seafood Centre
Blk 1206 East Coast Parkway #01-07/08, East Coast Seafood Centre

週末だったこともあって、18時過ぎには満席!行列!
予約必須だと思います。

そして、もう1軒。「PS. cafe」
d0146888_19281086.jpg

雑誌でも現地在住の方のブログにも度々登場するこのカフェ、
緑豊かなこのロケーションをみて、どうしても行きたい!とずっと
思っていた場所。

ようやく念願叶って、週末の朝食を食べに。
d0146888_19305070.jpg

オーチャードから10分ほどのデンプシーヒルというエリア。
広大な緑の中に建っていて、窓も広いからすご~く気持ちいい!

d0146888_1931180.jpg

店内のセンスもとても好き。
d0146888_19311320.jpg
d0146888_19312439.jpg

料理はポーションしっかりしていて、朝からかなりガッツリ系!
ドリンクも食べ物もしっかり美味しい。
お値段は日本と変わらず、という感じかな。

d0146888_19421779.jpg

現地在住の欧米人家族がゆったりブランチに。
な姿が絵になるカフェ。


PS.CAFE at HARDING
28B Harding Road
TEL: 6479-3343(+65)

ここも広大な緑の庭があるのだけど。
アジアだし蚊がいそう!と思うでしょ。でも、シンガポール滞在中一度も蚊に
さされてないのです。

「なんで??」と現地在住の友達に聞いたら、
ここでは、政府がペストコントロールという害虫駆除をしているのだそう。
さすが。

でも、どうやらこの薬が息子君のアレルギーに反応したらしく、緑あふれる場所に
いくたび、くしゃみの連続。これだけは、困りました・・
[PR]
by caeru25 | 2013-08-04 19:50 | 旅・・海外 | Comments(0)

シンガポール2013 家族旅 プラナカンワールド

d0146888_1756584.jpg

ギラギラとした陽射しの週末。
今はちょうど「大暑」。最も暑い真夏らしいですから、暑さを体感しておくべきですかね・・。

そんな日本より、確実に涼しかったような気がするシンガポール。
d0146888_1803854.jpg

チキンライスを食べに行った場所は、かつて私が暮らした街。
こんなHDBに住んでいました。
庶民的なエリアだったのですが、この10年で価格が沸騰し
今や私が借りていた頃より、賃貸料約2倍なんですって!

2LDKを7万くらいで借りてたから、今は14万!?
大家だったチャイニーズのおばあちゃん、今ごろウハウハなんかなあ 笑。

d0146888_1841159.jpg

住宅の1階にはお店が並び、カットフルーツやら生活雑貨やら
とりあえず何でも揃ってて便利でした。

d0146888_1855342.jpg

相変わらず相撲loveなこの人、こんな広告見つけてニンマリ。
えらい、インチキくさいお相撲さん 笑

さて、今回のシンガポール旅、食べること以外に
「プラナカンを満喫」というのが実は私の旅の目的の1つでもありました。

でも実際は、5歳児と巡る旅にそんな時間の余裕はなく
ショップハウスを眺めることがせいぜい。

プラナカンとは、中国から東南アジアに渡った中国系の人々から生まれた
独自の文化のこと。
d0146888_18205110.jpg

プラナカンの伝統的家屋がこんなスタイル。
今回は、暮らしていた頃には一度も足を運んだことがなかった
カトンエリアのKoon SenG Rdへ、お家拝見散歩♪

d0146888_1827559.jpg

間口が狭くて、奥行きがある京都の町屋みたいなつくりの一軒屋。
ゴシックとかバロック調な様式と、中国系の様式とミックスされて、
そしてパステルカラー!と、なんだかとっても気になるテイストなんです。
d0146888_1827204.jpg

このあたりは、一軒屋のテラスハウス。
d0146888_1828150.jpg

そしてシンガポールでたくさん見られるこちらはショップハウス。
1階が店舗で2階が住居のスタイル。

d0146888_18374595.jpg

カトンエリアにはプラナカングッズの素敵なお店も。
「Rumah Bebeルマビビ」
イーストコーストRdの 112カトンの向かい側。
見とれちゃうくらい素敵なグッズが並んでました。

d0146888_18351444.jpg

パステル系が多い中、オリエンタル色強いこんな建物も。
好きだな、この色。

ショップハウスはカトンだけじゃなく、チャイナタウンやリトルインディアとか
古くから街が形成されたエリアには、まだまだたくさん残っています。

d0146888_1836464.jpg

インドより、インドらしいといわれる 笑 リトルインディア。
d0146888_1837476.jpg

d0146888_18372032.jpg

カメラ片手に、街並み眺めて歩くだけでかなり楽しい。
[PR]
by caeru25 | 2013-07-27 18:44 | 旅・・海外 | Comments(0)

シンガポール2013 家族旅 ライムジュースとチキンライス

ハハのラッフルズ熱につきあわされた5歳児、
ホテルをでた途端「喉乾いたの~!!」

ラッフルズホテル内で言わないところが、さすが場をわきまえてるね、君 笑

ということで、ホテル隣のSeah stへ。

d0146888_1926860.jpg

ここはチキンライスのお店がたくさん並ぶ飲食店通り。
高級ホテルから1歩外にでれば、一般庶民の集う普通の景色に
早変わり。この差も楽しい。

ここで「手作りライムジュース」をオーダー。
ちなみに後は、すべて缶ジュース。

d0146888_19352450.jpg

元気回復した後、近くの「グッドシェパード教会」へまたトコトコ。
こちらはシンガポールで最古のカトリック教徒の教会。

d0146888_19362143.jpg

そしてその隣にあるのが、1840年に建てられた修道院を中心に
飲食店も入った施設になっている「チャイムス」。

どちらも、床の模様が印象的。

さて、この日のランチはタクシーに乗って、市街地を離れ「クイーンズタウン」まで!!
どうしても、食べたかった1軒があるのです。

d0146888_19464979.jpg

そう、ここ!!

HDBと呼ばれる公団住宅の中にあるフードコート「Mei Ling Market & Cooed Food center」
この中の・・

d0146888_19512173.jpg

チキンライスがお目当て!

シンガポール国内でチキンライスの有名店はたくさん存在するのだけど
自分がかつて暮らしていた このHDBのこの味が恋しかったのです。

この店だけすごい行列。家族経営っぽく、おじさんが活気よく
客をさばき、息子さんが鶏をさばく。

そしてようやく注文できて運ばれてきたチキンライス。
d0146888_19582254.jpg

この鶏肉ときゅうりの乗りかたが、いかにも忙しかったことを物語ってる 笑

しかし、味は絶品!
何年も恋焦がれたチキンライスに久々に、再会でき嬉しさひとしお

な2日目でした。
[PR]
by caeru25 | 2013-07-21 20:02 | 旅・・海外 | Comments(0)

シンガポール2013 家族旅 ラッフルズホテル編

d0146888_15524840.jpg

今朝最後の一枚upしよ~♪と思ったところで、ブログの内容が全ておちました・・・
エキサイトさん、頑張っておくれ(涙)いや、PCが悪いのか・・。

気を取り直して、ラッフルズホテル。
実は宿泊していたホテルのお隣さん。

女心をこんなにもくすぐるなんて、素晴らしい!
と勝手に思っているけれど、アジアのコロニアル様式のクラシックホテルが
大好き。

d0146888_160721.jpg

重厚な白亜の建物に、南国の緑が映えるこの風景。
ヨーロッパの建築物とはまた違った、趣があると思う。

シンガポールの中でも、かなり人気の観光地という気もするけれど、
宿泊者以外は立ち入り禁止の部分もあるので←(この選ばれた人のみに
開かれてる世界観も好き。フフ・・。)
ショッピングアーケードなどを、ちょこっとお散歩させてもらいました。

d0146888_1622691.jpg

ラッフルズホテルオリジナルのお土産店もあって、かなりなアイテムが揃ってます。
d0146888_1623996.jpg

d0146888_1625422.jpg

あ、座敷わらし 笑

小さな子供連れで、「コラ~!!」と叫ぶ声はこの場には相応しくない
と思うので、いつか大人旅で宿泊してみたいなあ。
そう、いつか。
[PR]
by caeru25 | 2013-07-20 16:07 | 旅・・海外 | Comments(2)

シンガポール2013 家族旅 2日目 オープントップバス編

d0146888_19192077.jpg

シンガポール2日目。ほんの少しだけヘイズの名残がある気もするけど、
いいお天気。

何度もこの景色ばかりupしてるけど、好きなの!
橋の向こうはシェントン・ウェイ。
今や間違いなくアジアのハブとなる、金融&ビジネス街。

シンガポールという国が成長している象徴みたいな景色だな、
と思うのです。

2日目も朝からバリバリ行動する予定。
今回は「ローカルフードを思う存分堪能する!」という旅なので
ホテルの朝食はつけませんでした。

まずこの日は、隣接するラッフルズSCのフードコートへ行ってみることに。

d0146888_19363625.jpg

8時。まだ開いてる店が少なくて、開けてる店から人が集まり始める感じ。
食べ物については、後からまとめて・・(たくさん語りたい人 笑)

まずは、シンガポールが初めてのダンナさんと息子君のために
市内をサクッと観光することに。

日本で、こちらを予約してみました・・・・「FunVee City Tour オープントップバス
本当はいつも通勤につかっていた、普通の2階建てバスに乗せてあげたいなとも
思ったのだけど、路線が多すぎてちゃんと乗りこなせるか記憶がなくなりすぎていたので、
ザ・はとバス的なこちらを選択!

d0146888_19435874.jpg

窓口にいるオラウータン君。

ホテルへのピックアップにきてくれて、各ホテルを周り
シンガポールフライヤーのふもとにある、窓口へ一旦集合。

そこから、各ツアーごとに呼ばれてバスに乗り込む。という流れでした。
d0146888_19511947.jpg

エスプラネード橋→シェントンウェイ→チャイナタウン→ボタニックガーデン入り口で引き返し
→オーチャードロード→ラッフルズシティ→シンガポールフライヤー
という 約50分のコース。

これ、好きな場所で乗り降りし放題!というのがウリのツアー。
な・ん・で・す・が。

運転手さんと観光客との距離が遠いので、止めて欲しいところのタイミングが
わからず、結局降りないままホテル近くまでいってしまいました・・(汗)

何の説明も車内アナウンスもないので、はじめての人は降りたい場所が
どこなのか、わかりにくいかもしれません。
そして降りたい時は、運転手のそばまで行って意思表示をする!これが大事 笑

でも、17時までならまた停車場所に待っていれば何度でも乗れるから、
利用価値はあるかも。(3ルートあるみたいなので)

で、どうにかラッフルズホテル前で降ろしてもらった私たち。

ラッフルズホテルへ立ち寄ることに・・。
[PR]
by caeru25 | 2013-07-17 19:59 | 旅・・海外 | Comments(0)

シンガポール2013 家族旅 マーライオン&レーザービーム編

ホテルに夕方到着して、早速行動開始。

d0146888_11265712.jpg

マリーナ・ベイ・サンズの光と水のショー「ワンダーフル」を見るため、
エスプラネード橋をトコトコと歩いて、マーライオンパークへ。

6時間くらいのフライトで、昼寝もバッチリの5歳児もこれくらいの距離なら
楽々歩けます。

d0146888_11313631.jpg

マーライオンパーク。
本家のマーライオンの背後には、なぜかミニマーライオンも。

なんで、背をむけるんだろ・・。

そして2004年にお引越しをした、マーライオン!
d0146888_11345457.jpg

高層ビルを背後に、なかなか勇ましい姿になってた 笑

d0146888_11355412.jpg

5歳児いわく「夜もずっと水だしてて、休めないねえ・・」。
確かに。苦笑 働き者だよ、君。

そうそう、マーライオンの後ろのノッポな高層ビルが宿泊した
Swissotel The Stamfordホテルです。


d0146888_19143389.jpg

続々と人が集まってきて、20時からのショースタート。(1日2回、21:30もあるみたい)
マリーナ・ベイ・サンズからレーザービームが!! 笑
ホテルが光りを放つって、なかなかないよね・・。

前にあるアートサイエンスミュージアムや橋とか周辺も巻き込んでの15分の
光りのショー。

海風に吹かれながら、亜熱帯の夜にゆるーい感じに繰り広げられる
「ワンダーフル」。毎晩行われてるのに、無料なのがすごいよなあ。

日本の花火大会みたいに何度も見たい!という感じではないかもしれないけれど
1度は、ぜひ体験してもよいかも。

d0146888_19203422.jpg

帰りはアンダーソン橋を通って、エスプラネード橋を眺めながら
またトコトコホテルまで。

到着した初日から、かなりシンガポール満喫!
[PR]
by caeru25 | 2013-07-16 19:24 | 旅・・海外 | Comments(2)

シンガポール2013 家族旅 ホテル編

d0146888_10355989.jpg

10年ぶりのシンガポール、大満喫して帰国しました。

深夜便で朝帰国、一旦帰宅した後、午後から仕事いきました。
意識、とぶかと思った・・(汗)

昔はできたことも、今できるとは限らない。
と、学習しました。はい。

シンガポール旅記録、自分の備忘録含めupしていきたいと思います。
2011年のランカウイ島記事にまだたくさんの方がアクセスしてくださっているので
シンガポールも、これから行かれる人の少しでもヒントになれば・・と思います。
なんて、余裕なこと言ってるけどすでに1週間も経過してるんだがね・・

今回も私と息子はセントレア~シンガポール、だんなさんはは羽田から現地集合の旅。
d0146888_1183324.jpg


シンガポール航空の機内、5歳の息子もたくさんアニメを観て(英語だから途中イヤホンはずして、
でも楽しかったらしい)昼寝して、機内食を食べすっかり自分のペース。
おかげで、ハハは「舟を編む」をしっかり鑑賞。
後席の派遣OLさんの、ママさん派遣スタッフが子供理由に勤務態度がっ・・という文句も
ずっと聞かせていただきましたけどね・・。ククッ。
ああいう話、離陸前だと機内が静かだから筒抜けなのよね・・


シンガポール空港から市街地まではタクシーで20分たらず。あっという間。

今回はホテルでのんびり滞在型 ではなく
★効率よく動きたい
★眺めの良い場所
★子供プールがあるところ
とロケーション重視で選び「Swissotel The Stamford」にしました。

d0146888_1153715.jpg

大型ホテルだけど、チェックインもスムーズ、お部屋も清潔、快適でした。

なんといっても
d0146888_1181017.jpg

ベランダからの眺めがコレ!!!!
そう、この景色が観たかったのよ!と大満足♪
d0146888_11102813.jpg

マリーナ・ベイ・サンズもシンガポールフライヤーもバッチリ。

このホテルは高層ビルにも関わらずベランダにでられるので、
本当に景色が堪能できます。

ロケーションも、MRTシティ・ホール直結だしラッフルズSCに隣接しているので
動き回るには最適でした。

部屋には変圧プラグもいらない電圧のコンセントも1箇所あって、iPhoneは
そのまま充電できました。便利な世の中になったのね・・。

プールは8階。隣のホテルと一緒になっていて、子供用プールものんびり遊べます。
ただ、8階だからか、風が少し強いかも。

そして、何より快適だなあと思ったのは、ロビーにいつもゲストリレーションスタッフかな!?が
数人いて、質問するとすぐに答えてくれること。
カウンター内のスタッフだけだと、待たなければいけないことも
多いけど、みんな笑顔でテキパキ答えてくれてスムーズでした。

おかげでラッフルズSCのフードコートの場所(4F)もナイトサファリへの
バスサービス(片道 大人5ドル)とか、滞在中は大助かり。
日本語が通じるかは、わからないです。
[PR]
by caeru25 | 2013-07-15 11:33 | 旅・・海外 | Comments(4)

ああ、シンガポール

d0146888_19195638.jpg

ラズベリーも赤くなってきました。
シリコンスチーマーでちょっとチンして超簡単ソースにし、
ヨーグルトにかけて食べるというのが、もっかのところお気に入り♪

d0146888_19223212.jpg

今年の夏の家族旅行は「シンガポール」!!

20代最後の頃に暮らしていた懐かしい国。
同僚だったお友達が来年帰国が決まったので、急遽今年行くことにしました。

私、シンガポールって聞いただけで条件反射で
テンションあがるくらい、シンガポール好き 笑

そして もう1つ好きなもの。

それが地図なんです。
いつもは現地についてから、地図も買うのだけど
今回はもう待ちきれなくて、amazonで注文。

d0146888_19263383.jpg

地図広げるだけで、もうニヤニヤするくらい、好き。

変・・?

d0146888_19281432.jpg

この辺りに住んでいたんだよな~とか、ストリートの名前じっくり見入ったりして
あっという間に時間が過ぎていく・・。

シンガポールは特に、国が小さいしほとんどの道に通りの名前があるから
見ていて楽しい。


でも、今シンガポールはインドネシアの焼畑農業や山火事の影響でヘイズ発生中!!
それも近年になく、酷いようで。

もう、2週間きっている旅の出発までにどうにか収まってくれないかと
やきもきしながら、過ごしているのであります。
[PR]
by caeru25 | 2013-06-24 19:35 | 旅・・海外 | Comments(4)

Langkawi・・その5食事編No2

また時は遡ってランカウイのお話。

というのも、旅の口こみランキングサイト「トリップアドバイザー」さんから
ランカウイの紹介記事を おすすめブログに掲載してくださるというお話が
あったので。

ランカウイ島里帰り、備忘録にとアップしたのだけど
本当は、もしランカウイ島へ旅行しようとしている人がネットで何かを
探したときに、見てもらえて少しでも参考になったらいいな・・・
と思って記事にしようと思ったものだったから、嬉しい。

つたない個人のブログでupするより、こんなサイトにくっ付いて
いた方が断然目にされる方は多いでしょうしね。

だったら、ちゃんと旅行記完成させなさいよっということなので
慌てて・・。

ランカウイ島での食事。

前回はランチ編だったので、今回はディナー編。

ホテル周辺でと探してまずは「Orkid Ria Seafood Restaurant オーキッドリアレストラン」
こちらはシーフードレストラン。福建料理とタイ風の料理が食べられる人気のお店。

日本に帰国してからも、取材で一度訪れたことのある思い出深いお店。

d0146888_1971158.jpg

この日も18時前には到着したけれど、すでにかなりのお客さん。

d0146888_19115424.jpg

昔から良く食べていた、一匹丸ごと揚げて野菜の餡かけのせ。
生臭くなくて、蒸したものより始めての人も食べやすいかも。

d0146888_1912161.jpg

そして、オススメという蟹の黒胡椒炒め。
これは、当然のことながら胡椒辛くて、母と息子君には不評だったけど
私は美味しくいただきました。

他にも、トムヤムクンとかカンコン炒めとか、炒飯とかいろいろ頼んだけれど
1人1000円くらい。

翌日はちょっと趣向を変えてイタリアンをということで
L'Osteria ロステリア」へ。

d0146888_1919650.jpg

暮らしていた頃は、ひっそりしていたパンタイテンガーも
軒並みレストランが立ちならんで賑わっていた一角の中の1軒。

前はこんなこじゃれたお店なんかなかったよなあ・・・と
思うくらい、洗練されたイタリアン。

店内はもちろん素敵だったけれど、すぐに歩き回る息子君連れなので
外のテーブルで。

ワインの種類が結構たくさんあってお値打ちなことにニンマリ。
サラダもパスタも、ピザもどれも美味しかった!
以前は、なんでクッタクタにパスタ麺を茹でちゃうのよ!!!(涙)というお店が
多かったけれど、さすがイタリアンの味もランクアップしてました。

で、ここまで食べて実は一番恋しかったアレに
出会えていなかった・・・

アレとは、ドリアンのこと。

最初口にしたときには、食べ物じゃな~い!と思ったくせに
いつしか好物となり、地元っ子のスタッフとドリアンシーズンを
待ちわびるように。

以前は、1つ丸ごといけちゃうくらい好きだった。

だから、どうしても食べたくて夕食の後にパサマランへ。
ランカウイ島では、Pasar Malan(ナイトマーケット)と呼ばれる市が
曜日ごとに違う場所で開かれています。

d0146888_1932526.jpg

テントの屋台がずらりと並んで、食べ物も衣類も果物もおもちゃも・・。
日本の縁日みたいな感じ。

この日はホテルから程近い Temoyong villageトモヨンという場所。

以前も夕食がてら来ていたけれど、その頃よりややすたれたというか
活気がないような気もするけれど、売っているものは全然変わらず。

念願のドリアンも、丁寧にプラスチックのパック入りで売ってました。

母にも息子君からも「くさいよ~」と大不評をかいながらも
1人食べつくして、満足まんぞく。

こういう夜の屋台にくるときなどは、帰りのタクシーを捕まえるのが
難しい。

なので、行くときのタクシーに交渉して待っていてもらい帰りも
送ってもらうのが一番。

この夜も、別の日にクアタウンまで買い物にでかけた時も
ドライバーさんから「同じ場所帰る?」と交渉されたけれど
どちらも、料金を払うのは帰りの場所にたどり着いたとき。

さすがにクアでは、1時間も待ってもらうし私が逃げちゃったら
困るだろうと、先払いを提案してみたけれど「いいよ、まってるから」
とサラリと笑顔。

こういうところは、本当に優しいお国柄が表れている気がします。


スキン、クリスマス仕様にしてみました♪
[PR]
by caeru25 | 2011-12-08 19:43 | 旅・・海外 | Comments(0)


器が好き。美味しいものが好き。8歳の息子との会話が大好き。フリーランスウエディングプランナー。


by caeru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
生活
wedding
Food
息子くん
home
カルチャー
shopping
おでかけ
旅・・国内
旅・・海外
Lesson
ボランティア
好きなこと・もの
おもうこと
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2014年 08月
more...

タグ

メモ帳

フォロー中のブログ

一日一膳
ちいさな鞄
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒビノデキゴト-トルコ編-
OURHOME
おうちのじかん
London Scene
su・te・ki world
emの時間 with m...
IEbiyori
いつものいっぽ。
atelier CARAFE
今日のストアー

最新のコメント

naoさん、ご返信おそく..
by caeru25 at 19:36
2年以上前のブログへのコ..
by nao at 16:33
> moco_comoc..
by caeru25 at 23:37

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
日々の出来事

画像一覧