カテゴリ:Lesson( 13 )

ako a table 「モロッコスペシャルレッスン」

d0146888_19190694.jpg
ブログも再開も1年ぶりだけれど、ここにも久しぶりに参加することができました。
ako a tabel」大好きなアコ先生の料理サロン。

こちらも2年ぶりのレッスン参加。

いつも気になっていたけれど、目の前のスケジュールに追われてついつい予約を入れ損ねて
いたのだけれど、今回は「モロッコスペシャルレッスン」!とFBで知って、

どーしてもこれは体感したいのよっ
スケジュールがうまる前にさっさと予定にいれました。

まだ訪れたことのない、でもずっと行ってみたいと思っているモロッコのモロカンスタイルを
アコ先生がどう表現されるのか!すっごく楽しみにしていました。

テーブルテーマは「マラケシュの迷宮に迷い込んで…!」。
赤色をベースにゴールドを効かせた、大好きな色合いのテーブル。
d0146888_21013013.jpg
今の季節しか味わえない桃のスープに、ザアルーク「焼きナスのサラダ」とかお家に人を招いたら
作ってみたいレシピがたくさん。

さて、あとは復習して作れるようにするのみ、なんだけどなあ・・・

ひっさしぶりのアコ先生ワールド。
ブライダルのテーブルコーディネートの参考にもなるし、刺激もたくさんうけたし。

予定は無理してでもいれてインプットするのも大事だなあとしみじみ痛感しました。







[PR]
by caeru25 | 2015-07-29 19:15 | Lesson | Comments(0)

ako a table 1.2月レッスンへ

先月のako a tableレッスンは、酒粕を使った
「Nouvelle Chinese a la japonaise」

d0146888_19351552.jpg

シックなシノワズリスタイルのテーブルセッティング。

いつも料理と同じくらい、楽しみにしているテーブルセッティングだけど、
今回も大人の香港!って感じで(私が勝手に解釈するに・・)とっても好き♪

d0146888_19405473.jpg

ちょんとついているタッセルにキュンとくる。タッセルって女子心を掴む
アイテムな気がする・・

d0146888_19425843.jpg

朱赤をポイントに大胆に枝モノを組み合わせたフラワーアレンジも香港ちっく。
この日の映画は「あの子を探して」だったけれど、久しぶりにアジア映画に
どっぷりはまりたくなるくらい、アジアな香りが漂ってました。

d0146888_19462880.jpg

前菜はこの3品。

牡蠣の花椒オイルソテーに、酒粕風味の桜しゅうまい。そして甘酢きゅうり。
桜しゅうまいが春っぽい。
酒粕ペーストにつけこんだ牡蠣が、とっても美味しかった。

d0146888_19484723.jpg

そして、トマト缶を使ったエビのチリソース炒め。

豆板醤を炒めるところから、鼻腔に中華の香りが満載で
作るのに、ちょいと戦闘態勢で望みたい(笑)本格派。

d0146888_19513468.jpg

それから5色野菜と牛肉のオイスターソース炒め。

この牛肉も酒粕ペーストにつけこんであったのだけど、ビックリするくらい
柔らかい!!

この方法、真似したいなあ。

しかし、中華って本格的に作ると下準備が本当に大変。
私、復習できるのだろうか・・・・(汗)

でも、でもこれだけは必ず家の定番にしたいくらい気に入ったのがコレ!
d0146888_19543364.jpg

鶏と貝柱の中華粥。

香港や台湾で食べた、まさにあの中華粥
これって家庭でできるんだ・・・・と静かに感動しました。

こんなお粥で朝ごはん食べたい!

誰かお泊りした日の翌日、こんなのさらっとだしたら感動してもらえそう・・(遠い目)

そしてデザートは
d0146888_19573141.jpg

酒粕をつかったアイスクリーム。

きな粉と黒蜜がよくあう懐かしいような味。

久しぶりの中華だったけれど、香港仕込みな本格派で今回も満足^^

中華粥の骨付き鶏肉買ってこよう・・!
[PR]
by caeru25 | 2012-02-29 20:01 | Lesson | Comments(2)

ako a table 12月レッスン

d0146888_19124566.jpg

クリスマスがあっという間に終わり、すでに年末。

あまりクリスマスらしきことをしないままでしたが、昨晩録画してあった
小田和正の「クリスマスの約束」だけは見ました。
毎年これを見ると、今年もクリスマスがきたなあ・・と1人思うのだけど
今年もよかった♪ みんなプロなのに、すごく一所懸命に他の方の歌も歌って
いる真剣な姿に、素直に感動できたりします。
そして、今年もまた泣きました・・。
(泣きながらも、観客で写る女性はちゃんと綺麗な人選んであるなあ・・とか
つっこみつつ)

今日でようやく仕事納めだったので明日が大掃除!(もどき)の決意だけは
しております。

年内中にUPしたい事柄がまだたくさんあるんだよなあ・・
先日の旅だって 「続」とあったじゃないと自分を責めてみてますが、クリスマス
ネタだけは、やはり年を持ち越さないほうがいいかと思うので。

「ako a table 12月レッスン」のお話。
テーマは「聖夜のクラシカルコース」

d0146888_19174267.jpg

ホワイト×プラチナカラーの大人クリスマス。

余計な色をいれない潔さが、凛とした空気をつくりあげてます♪

d0146888_1925356.jpg

ゴールドの使われ方も素敵。トナカイナプキンにキュン♪でした。

d0146888_19265343.jpg

赤いノエルのスープ

ビーツをつかって真っ赤なスープ。このビーツ、実は以外なくらい美味しくて
びっくりしました。酸味のきいたビーツしか食べたことがなかったからか、
あまり美味しいという印象ではなかったのに、ほんのり甘くてとっても美味しい!
サワークリームと一緒だとさらに美味。

d0146888_19324755.jpg

そして「ボルティエ海草バター」にあう前菜いろいろ。

しっかり海草の香りが漂うバター、もうこれだけでシャンパンあったら
いいや・・・と思うくらい美味しい。
お取り寄せしようかなあ・・・

そして、濃厚なうにのグラタン。こちらも、口にいれて「グフフ・・」と
にんまりしそうなコクのある旨さ。

大人なクリスマスの1品。
今、書いてて思い出しても、また食べたい。

そして、今回のメイン「ローストチキン」!

詰めて焼けばいい・・・?なくらい作り方に自信のないローストチキンだったけれど
とっても丁寧な説明で、「な~るほど」と納得することが幾つも。

d0146888_19373995.jpg

確かにボディマッサージするように塩をもみこんでいたら、若干愛着がわいて
「ごめんね・・鶏ちゃん」と思いそうな気もするけれど(苦笑)
でも、やっぱり美味しそう。

中につめた玄米とワイルドライスがぴったりあってました。

実はこれ、先日女子会ディナーが我が家で開かれたのでそのメインにして
みんなに驚いてもらおうと思っていたのだけど、その直前に参加予定の女子が
instagramで、これまた美味しそうな焼き色のローストチキンの写真をUP
してたのをみて、さっぱり諦めました・・。あれには、私は到底及ばない(汗)
でも、やっぱり試したいからお正月とかに、やってみようかなあ。

d0146888_19424147.jpg

お肉がほろっと柔らかくて、全くパサつき感なし!

そしてデザートも大人な味わい
d0146888_19435073.jpg

ババ風アーモンドケーキ パリスタイル

ず~っとババって何からきてるんだろう?と抱いていた疑問も
アリババのババからと知れて、すっきり(笑)

今回の映画は「素晴らしきかな人生」。

久しぶりに家にあるDVDひっぱりだしてきて、こんなデザート食べながら
号泣したいなあ・・。

・・・忙しさからの現実逃避なだけ!?(苦笑)
[PR]
by caeru25 | 2011-12-29 19:51 | Lesson | Comments(5)

ako a table 10月レッスン

いつもとっても楽しみにしている、ako a table。
グランレッスンが2ヶ月に1度の更新になったので、参加の回数が減った
から、余計1回のレッスンに賭ける 自分のテンションが高くなっているかも(笑)

10月は久しぶりの和食。
「朧月夜 秋の月を愛でる大人和食」でした。

d0146888_18515416.jpg

テーブルコーディネートもまさに大人の秋でした。

秋がぎゅっと凝縮されたようなお花のコーディネート、とっても好き♪
そして、私が気になったのは箸置き。

「能作」の錫でできたこのアイテム、実は以前テレビで紹介されて
ずっと気になっていたもの。
手で自由にカタチを変えられるというこの錫商品、地方の中小企業の商品が
イタリアの展示市でも評価されたというドキュメントで感動して泣いた私なので、
(まさに下町ロケットみたいな話で・・)ako先生チョイスにグッときました。

そして、今回のテーマは「塩麹」!!!

IG(iPhoneのinstagramという写真ツイッターアプリ)の中でも
料理好きな方から、盛んに塩麹という言葉が登場していて、
静かなブームなんだなあ・・と感じていたのでまさに「旬」な調味料。

どの料理にも塩麹を使って・・

d0146888_1901643.jpg

いつもの食材に、塩麹をプラスするとこんなにお肉が柔らかく、
そして調味料がまろやかに!というのを、口にいれてしみじみ実感。

d0146888_193293.jpg

そして、私はこの洋風おでんにはまりました♪

塩麹を加えた出汁のおでんに、カレー味噌ソースを加えたもの。
具も、金時芋とかトマトとか今までおでんの具だと思ってなかったもの
でのアレンジで、おでんの世界がぐーんと広くなったような 笑

これなら、人が来たときの1品になるはず!
ぜひ、復習せねば・・。

d0146888_195525.jpg

そして〆には しょうがご飯に一夜干しとお味噌汁。

塩麹をまぶしてから干したという一夜干し、旅館の朝食に登場する高級一夜干し
的な味わい(笑)になっていて、ビックリ。

さらに・・

d0146888_1983277.jpg

とろける抹茶寒天しるこ 薄茶かけのデザートまで。

ふるっと口の中でとろける抹茶寒天。これだけ食べた後だけど
ペロリといただけました(毎回、言ってるような気もするけれど・・汗)

塩麹、実際どれくらいでいい具合なのか?とかが不安だったけれど、
今回ちゃんと見せてもらったし、味も確かめられたし。

あとは、自分でやってみるのみ!ぜひ、冷蔵庫の常備保存料の1つに
加えなきゃ。
[PR]
by caeru25 | 2011-11-06 19:12 | Lesson | Comments(3)

春の味を存分に味わおう

4月のako a tableのレッスンは「春」を軸にしたノンジャンルメニュー。

部屋一面に春が広がっていました♪
d0146888_17264953.jpg

バタフライモチーフのテーブルクロスにビビットなピンクリボンのあしらい。

今回、テーブルセッティングで用意されていた バタフライモチーフの
器に、私釘付け。

フランス製!?と思ったら、スウェーデンデザイナーとポルトガル職人の手による
「MATEUS」というブランドなんだそう。
ako先生の情報収集アンテナ、さすが・・。

パンフレットをちらちら見ていたら、物欲刺激される器がここにも、あそこにもっ。
最近、器熱が再発しているので、ビビッときて忘れられない。

真剣に悩むとしよう。(その前に、器をつかう料理作らなきゃ
宝の持ち腐れってヤツで終わるわけだし・・・・・・・・・)

d0146888_17404762.jpg

1皿目は「オレンジ酢で味わう桜のお寿司」

フレンチっぽいのに、ご飯を使ったレシピ、再びで嬉しい。
酢飯にオレンジの絞り汁を入れて、爽やかな仕上げのお寿司。
ちっさく握って、並べたらかわいいよなあ~。

d0146888_17452120.jpg

こちらは「春野菜のあさりのスープサラダ」
あさりのスープに、1つづつ違う処理をして仕上げた野菜を
最後に盛り付け、牛乳の泡をふわっと浮かして。

たけのこに菜の花、新玉ねぎ。

この季節の野菜も、いつもワンパターンな食べ方ばかりだったけれど、
たけのこをごま油+こがし醤油 とか新しい食べ方発見。

実はこのたけのこレシピ、
帰宅したらおすそわけで届いたたけのこをまさに茹でている義母。
いつもの さんしょう+お味噌で・・というところに

「あら、今日は私が新しい食べ方を・・」

なーんて、早速レッスンの食べ方を披露。
まるで、料理上手な嫁 を演出してみました。グフフ・・

d0146888_17525991.jpg

そして「シンガポール風ペーパーチキン」

久しぶりのアジア料理♪元祖、シンガポールのペーパーチキンは
紙で包んでガッツリ揚げてあるのだけど、今回のはスパイスソースに
つけこんだチキンをオーブンシートで包んで、オーブンへ。

だからギトギトに油っぽくなく、味のしみこんだジューシーなチキンが
登場するわけで・・。美味しくないわけがない!って感じにおいしかった。

つけこんで、オーブン。私にもできるはず・・。

そして、デザート
d0146888_18351161.jpg

いちごミルク風味のチーズケーキ

ベイクドチーズケーキのいちごミルク味って、初めての味覚。
ふんわり、しっとり。
もうすぐ、大量イチゴの収穫シーズン。これを作らなくて、いつ作る!って
ところなので、作ってみたいなあ。

実家の物置に、ケーキ型しまったままな気がするけど・・(汗)

紹介された映画「マルタの優しい刺繍」もとてもよさそうで
早速、ツタヤオンラインで予約をポチっ。

余韻が残る春のレッスンでした。
[PR]
by caeru25 | 2011-05-02 18:46 | Lesson | Comments(0)

~テロワール~ 風土を生かしたフレンチを

3月のako先生の料理レッスンは、風土を生かしたフレンチ。

d0146888_1992714.jpg

春先の軽やかなイメージのコーディネートが爽やか♪

d0146888_1911288.jpg

バスケットに飾られた花も南フランスっぽく、ちょっと素朴な感じ。
麦ってグリーンの感じが生き生きしていて、いいなあ。

d0146888_19133577.jpg

1皿目の盛り合わせ。

とろっとお口でとろけるポークはなんと日本酒でじっくり蒸して調理してありました。
コンフィチュールみたいなジンジャーたっぷりのソースが美味。

d0146888_19165072.jpg

そして、「舞茸のバルサミコ寿司で食べる イカの煮込み アイヨリを添えて」

外食だと昼も夜も、パンで全然OKだけれど
家だったら、やっぱりご飯が食べたいどっぷり日本人な私。

でもフレンチにご飯・・・・・ってかねてより思っていたので、
今回のバルサミコ寿司は、オオ~これだわっ!!!!とかなり心の中で絶賛でした。

オーブンで焼いた舞茸を、しょうゆとバルサミコに漬け込んでご飯もからめる
というシンプルレシピ、これなら平皿にだして堂々とご飯がいただけるわ!!

と、早速20代女子が夕食を食べにやってきたときに、(ものすごくめずらしく)
復習してみました。

が、ご飯の分量減らしたのに、調味料はそのままで混ぜたら

口にいれるなり「すっぱ~!!!」といまいち不評(汗)

バルサミコ酢のすっぱさ、個人的にはかなり好みなので、私だけ気にならず
残りを根性で朝食まで食べて完食いたしましたが。

ちゃんとした分量で作れば、かなり美味しいです(念のため)

お隣のイカも、いつもカチンコチンな煮込みになるのにこのレシピだと
びっくりするくらい柔らかくて、メインになりうる存在感でした。

そして、今回バルサミコ寿司と争うくらい私の中で大ヒットだった
「白いスープに浮かべたイチゴのエアームース」

d0146888_19264476.jpg

口にいれたら、すすっと消えちゃうまさに「エアームース」!!

生クリームが入ってなくて、ゼラチンじたいを混ぜて作るって所が
「旬」らしい。スイーツの流行なんて、まったく疎いので良く知らない
んだけどさ・・。

ホワイトチョコレートの白いスープとふわふわのイチゴのムース、
これは2皿くらい軽くいけます!!

イチゴがわんさか採れる季節になったら、作りたいなあ・・・
でも上に散らしたカリッとした食感の「ラズベリーパウダー」もちゃんと
入手しないとなあ。

どこにあるんだろ??

震災後の料理レッスン。正直、こんな時に楽しんでていいのかしら・・とも
思ったけれど、せっかくとれた予約を放棄してはキャンセル待ちの方にも
申し訳ないし、と出かけていったのだけど、ふさぎがちだった気持ちが
美味しい料理と春の雰囲気で、上向きになりました♪

元気の人は、元気に復興に協力できるパワーをつけないと。
ですよね。
[PR]
by caeru25 | 2011-04-09 19:41 | Lesson | Comments(0)

旅するイタリアン♪

2月のako先生の料理サロン、テーマは

「旅するイタリアンレシピ」♪♪

d0146888_13423839.jpg

北欧boras社のテーブルクロスと、ナフキンのパープルが白に
映えた、大人なイタリア♪

d0146888_13502767.jpg

ナフキンをちょこんとしばったタグがキュート。
チューリップを一輪づつグラスに挿すアイデア、真似したい・・。

今回はイタリア料理の中でも北イタリアの郷土料理を意識したメニュー。

d0146888_13535458.jpg

「ミラノ風リゾット 赤ワインのソースを添えて」

サフランのとっても鮮やかな黄色が白いお皿に映えて、食欲をそそります!
サフランの香りを消さないようにと、にんにくもこしょうも使わないレシピ。

そして、米を炊く時に使用したブロード(出汁)が、とっても美味しい!!
d0146888_1434639.jpg

今回は、このブロードを作るのに使った野菜も、サーブしてもらって
食べたのだけど・・・

普段家で作っているポトフと、作り方自体はさほど変わらず。
だけど、スープの美味しさが、断然違う・・・

骨付き肉、ごろごろと大きいままの野菜、丁寧なアクとり。
シンプルな作り方ほど、僅差で味がずいぶんと違ってくるのだと
改めて実感しました。

しみじみ優しい味わいの野菜に、塩やワインビネガー、そして
果物のマスタードシロップ漬けの「モスタルダ」を添えて食べてみると、
がらりと味に変化がでて、こちらも美味しい。

モスタルダ。初体験の味だったけれど、これも北イタリアの伝統のよう。
ちょっとクセになる味わい。

d0146888_14124824.jpg

こちらは「トスカーナ風サルシッチャ」

イタリアのソーセージ、サルシッチャ。
ハーブの味がガツンと効いて、私はかなり好き。
いつも家では、こねたら適当に焼いていたのだけれど、このレシピでは
冷蔵庫で寝かせて味を馴染ませてから、茹でて、最後に焼き色がつくまで
フライパンで焼く という丁寧な作り方。

今まで作ってたのは、どうにも固い肉団子・・っぽかったので
目からウロコ的に、味も食感も違ってました。

冷凍保存もできるから、これからはこちらの方法で作らなきゃ。

下にしいてあるのは、レンズ豆の煮込み。
甘く煮付けた和食の豆とは、違った味わい。

そして上にのっている「自家製トマトペースト」。
グラニュー糖と塩だけでオーブンで焼くシンプルレシピだけど、甘くて
生のトマトより、美味しい~。

大量にトマトが採れる季節に、忘れないよう作りたい。

そして、デザートは・・
d0146888_1423562.jpg

イタリアの地図にくるまれた「ブルッティ マ ブォーノ」

卵白をつかったメレンゲのお菓子。
イタリア語で、醜い、けど美味しい!みたいな意味。だったはず・・

サクサクッとビスコッティみたいな食感の焼き菓子。
こってりとしたデザートより、断然焼き菓子派の私にはうれしいスイーツ。

ずいぶん前に訪れたきりのイタリアだけど、
人気のこちらのブログフィレンチェ田舎生活便り(先日、BSでトスカーナで山暮らしとして放映されてて、そちらもすっごくよかった~!疲れたときに癒されようと、保存版にしてあります・・)
とか見てると、行きたくなるわあ・・・・・

B&Bに泊まって、料理を習う!な~んて旅がしたいなあ。
(まずは、今回習った料理から作りなさいよって感じですけどね・・)
[PR]
by caeru25 | 2011-03-07 14:38 | Lesson | Comments(2)

香り高き中華の世界へ

先日の内容で、いろんな方からご心配をいただきましたが、
元来、結構頑丈なので、すでに回復しております。
ありがとうございました。
でも、弱っているときにかけられる一言って、心に沁みますね。

さてさて、先月のAKO先生のレッスンは
「香り高き中華の世界へ」♪

まだまだレッスンに参加して間もないので、中華は始めて。
かなり期待値も高いです。

嬉しいのはすべてのメニューが化学調味料を使わないというところ。

d0146888_2052032.jpg

中華の世界を、モダンなシノワズリーな空気でまとめてしまうセンスが
絶妙。テーブルクロスの生地、大好きだー♪
そして、最近しまいっぱなしの中国茶器も、テーブルのアクセントに
もってきたら、また新鮮で楽しい!ということにも気がつきました。

d0146888_20581493.jpg

鶏のからあげがこんなに美味しく!?と最初の1品からかなりボルテージ
があがったこちらは、香味野菜床で味を馴染ませてから作ったもの。

d0146888_211162.jpg

こちらは甘酢が食欲をそそる「海老の唐辛子甘酢炒め」
しょうがとにんにく、唐辛子・・身体が温かくなりそうなものばかり。
寒い間に作りたいなあ。

d0146888_2144758.jpg

これは、かなりの名店でないと出会えなさそうな旨さの
「汁なし坦々麺」!
化学調味料なしで、干しえびと干ししいたのうまみをたっぷり引き出した
味わいが胃にも優しそう。
ねぎ油、これは保存しておいたら絶対重宝するだろうから、必ず
作りたい・・(って言っている間に作れそうなんだから、作りなさいっ
と自分にカツをいれたいが)

かなりのボリューム。ガツンと食べ応えのある、油っぽくない
中華、どれも毎日の食卓にでてきたら嬉しいメニューばかりでした。

そうそう、デザートも
d0146888_21105382.jpg

全く作る予定はないけれど(苦笑)、バレンタインシーズンに
ぴったりの紅茶風味の生ショコラ。

大人のスイーツな味わい。えーと、自分用には作りたいです。ハハ・・・

デザートと一緒に登場したのが「ル・パレデテ」の紅茶でした。
とっても香り豊かな紅茶だったのでぜひとも、お取り寄せしようと思います。
[PR]
by caeru25 | 2011-02-12 21:17 | Lesson | Comments(2)

ako a table ~クリスマスレッスン~

先月の ako a tableはクリスマスレッスン。

お部屋の中が、いつも以上に華やいだ雰囲気。
d0146888_16265682.jpg

単純にレッド×グリーンでない色あわせが、素敵♪
鮮やかなローズカラーとブルーの組み合わせ、いいなあ。

d0146888_16283193.jpg

お部屋のあちらこちらにもクリスマスを感じさせるアイテムが
散りばめられてました。

d0146888_16305978.jpg

ここも先月とはまた違った空気に・・
d0146888_1631611.jpg

キャンドルの周りもシックな色合い。

インテリアを眺めてお茶を飲むだけで、半ば私は満足なのかも・・(笑)

でも、もちろんお料理もクリスマスパーティーで登場したら
歓声があがりそうな1品ばかりでした。

本当に生徒さんから大きな歓声があがったのは、このスペイン産の
ハモンセラーノ!どどーんとすごい迫力。

d0146888_16351498.jpg

この生ハムはしっかり熟したメロンと、チコリのサラダと一緒に。
塩味絶妙なものすごく、うまーい濃厚な生ハムでした。
d0146888_16342312.jpg

そして、一緒の皿に盛ったチーズリゾット。火の通り加減が絶品でした。
あー、こんな風にお家で作れるようになったらなあ・・・・・・・。

d0146888_16352630.jpg

メインは「ビーフロールシチュー」。
ハンバーグ生地を作って、牛薄切り肉できっちり包み、
デミグラスソースでくつくつ煮込む。

煮込み料理は、なんとか真似できそうな気がするし、
寒い季節には、みんなに喜ばれそう♪♪
d0146888_18111511.jpg

デザートは「フルーツマリネのザバイヨーネ」

写真がイマイチだけど、フルーツを切っただけよりぐっと
デザートらしくなるし、さっぱりといただけるしすごく好きな1品でした。

いつもako先生の楽しいお話を聞きながらの、あっという間の時間。
話しながら、作業も同時にできるって実はとってもすごい技術だよなあ・・
といつもながら、尊敬してしまう。
[PR]
by caeru25 | 2010-12-06 18:14 | Lesson | Comments(4)

Ako a table 秋のフレンチテーブル

なんだか怒涛のように忙しい10.11月。
あっという間に10月も終わってしまいました。

Ako a tableでのレッスンがつかの間の至福の時間。

10月は「秋のフレンチテーブル」

ブローニュの森をイメージしたテーブルセッティング。
d0146888_18202231.jpg

クラシカルなテキスタイルのテーブルクロスも ツボだけど、
真ん中にどどーんとセッティングされた、森のようなフラワーアレンジが好き♪
だって、中にふくろうとか潜んでるの♪♪

d0146888_1824185.jpg

キャンドルも 焚き火の香り。
d0146888_18243446.jpg

そして!このウォールアートに心を鷲掴みにされました・・。
最近、北欧ちっくなかわいいのが気になっていたけど、こんなクラッシックな
スタイルも素敵!!

額の中の絵を、どんどん変えていけるのもおもしろそう!

そんな素敵なインテリアの中はじまったレッスンの料理は・・。

d0146888_1830472.jpg

鮎の燻製 サラダ仕立て
SMOKER BAGという中にチップの入ったバッグの中に魚をいれてオーブンで
燻製させる方法。クンクンいい香り。
ハーブとかいれて、作ってみたい。このスモーカーバッグは本気で手に入れたいなあ。

そして、フランスの香り モリーユをたっぷり使ったこちらも。
d0146888_1833312.jpg

乾燥モリーユを使った贅沢な一品。でも、間違いなく自宅で高級きのこを
たっぷりと・・ということは、しないだろうけどクリームソースがとても美味しかった
から、他のきのこに変えて作りたい。

デザートは
d0146888_18363887.jpg

オレンジとナッツのベルベットケーキ ほろ苦いキャラメルアイスを添えて

パウンドケーキもアイスを添えて食べると 大人のデザート感がアップする気が!
器の使い方も、素敵だからだろうけれど。

視覚からも味覚からも秋を感じる時間。
毎回、ガラリと違う世界を作り上げるパワーってすごいわあ・・。

そういえば・・(笑)

今回のレッスンの生徒さんから
「ブログ やってますよね?」と声をかけられました。

やってますよーと気軽にお答えしたら、

「雑誌で脱がれてた方ですよね・・・?」と!!!

ええ~!!!どこで、そんなお話に発展したんだろう???と考えてみたけど、

たぶん、美storyでヌードになられたお友達がいるお話に、すごいわあ
とコメントした辺りで、私が脱いだ方だと 勘違いしてくださったのだと
推測してみた。

ええ、脱げるカラダなら 脱いでもいいんですけどねっ。
とんでもなく、程遠いお話っす。

勘違いしてくださっただけでも、嬉しいような
脱げない自分が切ないような・・・。


とりあえず、どうにかせねば、私のカラダ。
という意識だけは高まりました(汗)
[PR]
by caeru25 | 2010-11-04 18:53 | Lesson | Comments(10)


器が好き。美味しいものが好き。8歳の息子との会話が大好き。フリーランスウエディングプランナー。


by caeru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
生活
wedding
Food
息子くん
home
カルチャー
shopping
おでかけ
旅・・国内
旅・・海外
Lesson
ボランティア
好きなこと・もの
おもうこと
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2014年 08月
more...

タグ

メモ帳

フォロー中のブログ

一日一膳
ちいさな鞄
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒビノデキゴト-トルコ編-
OURHOME
おうちのじかん
London Scene
su・te・ki world
emの時間 with m...
IEbiyori
いつものいっぽ。
atelier CARAFE
今日のストアー

最新のコメント

naoさん、ご返信おそく..
by caeru25 at 19:36
2年以上前のブログへのコ..
by nao at 16:33
> moco_comoc..
by caeru25 at 23:37

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
日々の出来事

画像一覧